【30代】髪のケアで気をつけていること7選【ハゲ予防】

KOHEI
KOHEI

AGA治療にも力を入れている私が、ハゲないために髪のケアで気をつけていることを7つ紹介します。

最近髪の毛の元気がなくなってきたと感じることはないですか?30代を迎えた男性なら、そう考える人も多いことでしょう。

この記事ではハゲないための髪の毛ケアの方法を7つ紹介します。

30代の私も、このケアを実践して髪の毛ふさふさでやらしてもらってます。

いますぐできる簡単なケア方法なので、一生髪の毛がある人生を送りたいと考えている人は実践してみてください。

その1:シャンプーは少量で

シャンプーの洗浄力はかなり強いです。洗浄力の強いシャンプーで洗い過ぎてしまうと、余計な脂分をとってしまいます。

乾燥した頭皮は元に戻そうと、さらに脂を出します。結果ベタついた、髪の毛に悪影響な環境ができあがってしまいます。

男性の短い髪の毛では量はそんなにいりません。0.5〜1プッシュで十分です。シャンプーの量を減らしましょう。

ぬるま湯でしっかり洗い流す

タイトルを追加

まずは、しっかりぬるま湯でワックス、髪についたホコリや汚れを落としましょう。温度は38℃くらいの少しぬるい温度がおすすめです。

湯シャンという言葉があるくらい、お湯だけでも十分汚れは落ちます。しっかり3分以上洗い流しましょう。

シャンプーは泡立てる

シャンプーを使うときは、まずシャンプーをしっかり泡立てましょう。

洗顔の時に泡立てネットで泡を作るのが良いと言われていますよね。シャンプーも泡立てネットで泡で洗ってあげます。そのほうが髪の毛、頭皮にやさしいです。

こすらず押し込むように洗う

泡立てたシャンプーを髪の毛をかき分けて、頭皮に押し込みます。決してこすらないようにしています

サイド→後頭部→頭のてっぺん→前頭部の順番で泡を押し込んでいきます。

手のひらと指のはらを使って、ゆっくり頭皮をマッサージするように揉み込みます。

前頭部や髪の生え際はさらに優しく触るようにしています。泡を押し込むだけです。それでも十分に汚れは落ちます。

とにかく優しくやさしく髪の毛と接しています。

KOHEI
KOHEI

シャンプーを洗い流す時も3分ほどかけてます。流し残しがあると髪の毛に悪影響を及ぼすからね。

その2:乾かすときタオルでこすらない

髪の毛を乾かすときは、タオルでポンポンと押すようにして髪の水分をとっています。

摩擦はダメージが大きいです。乾かすときにくしゃくしゃとしないようにしましょう。

メンドーと思うかもしれませんが、この小さな行動が髪の毛のある未来につながると思って手を抜かずに行っています。

タオルも柔らかいやさしいもので拭くことをおすすめします。

私が使っているのはコチラ

その3:ドライヤーはなるべく低温で

パナソニックの〇〇というドライヤーを使っています。その機能で「スカルプモード」で乾かしています。

この機能は、マイナスイオンが出ているとかありますが、あまり高温にならず髪の毛に負担が少ないことが特徴です。

冷風では全然乾かないですが、このスカルプモードなら時間こそかかりますが、髪の毛をやさしく乾かしてくれています。

みなさんが持っているドライヤーでも、高温より温度が低いモードで乾かして負担を減らしてみてください。

シャープ プラズマクラスタードライヤー IB-GP9-N (ゴールド系 アンティークゴールド) ★高速ダイナミック風 ビューティモード 【あす楽】【セール】【即納】
KOHEI
KOHEI

髪とドライヤーの距離を離してみるなどの工夫でもいいと思います。頭皮があちちってなる高温はやめましょう。

その4:ワックスの付いた髪で寝ない

当たり前の話ですけど、昔はよくやっていた行為。絶対髪の毛の負担は大きかったはず。ごめん髪の毛たち。

頭皮の状態をしっかり清潔にしてから寝るようにしましょう。

晩ごはんを食べると横になる癖があって、そのまま寝てしまうんです。対策として下の2つを実行しています。

1つは帰ってきたらすぐにお風呂に入る。腹が減っていてもまずお風呂。これにはメリットもあって、お風呂入った後の時間がとても長く感じるので有意義に夜を過ごせます。

2つ目は晩ごはん中にお風呂を沸かす。そして食後にすぐお風呂へ直行する。テレビをつけていると行かないから、テレビもつけない。これでお風呂に行くようにしています。

KOHEI
KOHEI

洗い流しやすいワックスを選ぶことも大事ですね。

【ヘアワックス】オーシャントリコの「OVER DRIVE」と「JET」を比べてみた

その5:外出時は髪の毛にもUVケア

紫外線のケアは髪の毛のために大事。夏の紫外線を受けた髪の毛は、秋に抜け毛とうダメージで返ってきます。

私はあまり帽子が似合わないので、髪の毛は太陽の光を直で受けています。

だからこそUVケアをしっかりするようにしています。

やることは、外出する際にUVスプレーを振るだけです。

使っているのはこちら

アネッサ(ANESSA) パーフェクトUV スキンケアスプレー a 顔・からだ・髪用 60g AN97242 (メンズ、レディース)

毎日使うのはコスト的にも厳しいので、冬や春は簡単ケアとして、UV効果のある寝癖直しでカバーしています。

その6:枕のカバーを毎日変える

夜寝ている時はたくさんの汗をかいています。毎日使う枕も洗わないと、菌が繁殖しています。

菌が繁殖した枕に、キレイにした頭皮・髪の毛をささげるのは実にもったいない話です。だからできるだけ毎日枕カバーを変えています。

でも毎日洗うのは面倒臭いです。対策として私は、枕の上にタオルを敷くようにしています。タオルなら毎日交換するのも簡単ですから。

その7:育毛と抜け毛予防を行う

生活の改善にプラスして、簡単なAGAケアもしています。

【YouTuberビヨケンさんが紹介する】月1,000円のAGA治療をやってみた 月1,000円のAGA治療をやってみたpart2(3ヶ月目) 月1,000円のAGA治療Part3【7ヶ月目の経過報告】

30代になると、体のいろんなところが衰えてきます。栄養を後回しにする髪の毛は特に衰えが顕著に現れます。

そのためには薬に頼ることも必要だと感じ、1ヶ月1,000円でできるAGA治療というのを見つけて実践しています。

7ヶ月経った今、産毛が育ってきて髪の毛の成長を実感しています。

まとめ

以上が髪のケアで気をつけていること7選でした。まとめると

1:シャンプーで使う量は0.5〜1プッシュくらい

2:乾かすときはゴシゴシこすらず、ポンポン叩くように

3:ドライヤーは低温モードにする

4;ワックスのついた髪のまま寝ない

5:外出時には髪にもUVスプレーを

6:枕のカバーを毎日変える

7:育毛と抜け毛予防は早い時期から行う

髪の毛がある生活とない生活。全然違います。

世の中のものはたいてい、無くなってから気づくことが多い。

その最たるものが「髪の毛」だと思う。だから少し面倒でもケアしていくし、皆さんもしてほしいです。

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/24 05:38:14時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。